メインイメージ

玄関のガラスを修理

玄関のガラスを修理するいくつかの原因

玄関のガラスはさまざまな理由から予想がしないトラブルが発生することがあり、天候の変化がないときにも突然に割れてしまうこともあります。そうした緊急時には日常を通常に過ごすために早急に修理をすることが大切になります。割れる理由は数多くのことが確認されており、強風時によるものや物をぶつけてしまったことが原因、近所の子どもの野球ボールが飛んできて割れてしまうことも考えられます。また、空き巣が侵入した際に割られた際やいたずらによりものなど数多くの理由があります。

自然とガラスにヒビが見られたときや割れたときには修理が必要になりますが、割れる原因には熱によって割れる現象も考えられます。玄関にはめ込まれたところに太陽光があたることにより、熱で割れることが実際に多くあります。この症状は熱割れと呼ばれており、直射光を受けると照射された部分が吸熱のために高温になっていき膨張を起こします。
玄関のガラスの周辺にあるサッシ部分や日が当たりにくい影やくぼみ部分の温度上昇せず、低音のままとなりますが、低温の部分は高温部分の熱を膨張させていきます。結果としてガラスの周辺の部分に引張応力が発生します。ガラスは縮めようとする力である圧縮応力には強いのですが、引っ張る力の引張応力には弱いという性質を持っているます。ボールがあたると、あたった面には圧縮応力が働きますが、直接に割れる原因にはならないことが多くあります。ですが、反対側に生じる引張応力では、キズがある部分に応力が集中して簡単に割れてしまいます。こうしたことから引張応力がキズに集中して割れるケースも割れる原因の一つであり、早めにキズを見つけて修理を依頼することで割れる危険性を防いでくれます。
玄関のガラスの熱応力は照射する部分や周辺部分との温度差やエッジ強度をこえる引張応力が発生すると熱によって割れる現象を起こします。現象はガラスの特性として発生するもので、種類を関係なく現象を発生させます。網入りのエッジ強度が通常に比べて半分ほどになりますので、定期的な現象の確認が必要になります。

熱割れによる原因のほかにもサビ割れと呼ばれている現象も考えられます。玄関のガラスで金網の中に原因の条件がそろうとサビが発生してきます。金属が露出していてサビやすい特徴もあり、金属が膨らんで割れることもあります。底辺部分のエッジの部分にはサッシの枠の底辺部分に雨水などがたまり、露出している網からサビが出てきて膨張してガラスを破壊することもあります。自然に割れる熱割れやサビ割れによって、ガラスにヒビが入ったり割れたときの修理は買い求めた工務店や専門の修理業者に依頼をすることが大切になります。

Copyright© 2015ガラス修理も業者によって金額がまちまち All Rights Reserved.