メインイメージ

軽自動車のガラス修理

軽自動車のガラス修理について

車を運転していて付き物なのが傷や故障です。なかでも、飛び石やイタズラなどで窓ガラスの修理を考えて検討している人もいると思います。最も被害が多いのは、面積が大きいフロントガラスです。フロントにあると車検が通らない場合があるので、大きさや状況にもよりますが、直すしかありません。いちばん安い方法は、自分でカー用品店などから修復剤を買い修理する事です。腕に自信があれば可能ですが、エアー抜きなど素人では難しく、よけい悪くなってしまうのが現状です。

そこで業者に任せる事になるわけですが、ガラスリペアの価格としては、最小の傷の場合で9000円~16000円ぐらいになります。業者によって料金に違いがあり、軽自動車でも安い場合もあれば普通車と変わらない場合もあります。作業時間も1時間で終わる場合もあれば、長時間の場合もあるので、仕事が休みの日や代車の有無を確認するのが必要です。また、いくらプロの業者でも、傷の状況によっては完全に直せず、運転の際に邪魔になったり跡が残ったりする事があります。傷の目安として、500円玉の大きさ以内で、またフロントガラスの上下左右から4~8cm以内とされています。端は負荷がかかり一定の強度を保つ為に仕方がありません。

それ以上大きい傷の場合は、フロントガラスの交換を視野に入れて考えた方が良いです。ちなみに、料金は軽自動車が5万円台、普通車は同額またはそれ以上と考えるべきです。高額になってしまいますが、車両保険に加入していれば等級が下がる事もなく直せます。傷でやっかいなのは放っておくと、広がってしまいよけい酷くなる事です。また運転中の視界不良で交通事故に繋がる可能性もあるので、早めに修理するのが何よりも必要です。
ガラスの種類に関しては、夜間の対向車ライトを軽減する「高機能ガラス」、海外製、超断熱、純正・中古ガラスと多くの商品があります。最近では、自宅に出張サービスで修理を請け負う業者もいます。東京や大阪など大都市では、人気のサービスになっているようです。忙しい人や、修理工場まで行くのが面倒な人には向いているサービスです。
また、一部の悪質な業者では車検を通すため、傷にブレーキ液を染み込ませ目立たなくさせる場合もあります。そうすると、その後に傷が直らなくなってしまうので注意が必要です。ビニールテープなどの応急処置に留め、プロの業者に相談するのが何よりも賢い選択だと思います。

Copyright© 2015ガラス修理も業者によって金額がまちまち All Rights Reserved.